マイトリー 森田さやか インタビュー 新アルバム「gift」発売

こんにちは、鳥取マガジン(@tottorimagazine)です。

鳥取・島根で活躍する音楽ユニット「マイトリー」。そのマイトリーが新しいアルバム「gift」をリリースしました。今回はマイトリーの森田さやかさんにお話を伺いました。

スポンサーリンク

マイトリーとは

マイトリー

メンバーは、唄うたいの森田さやかさんと、シンガーソングライターのひうたさんの2人組音楽ユニットです。マイトリーには、サンスクリット語(インドの古語)で「思いやり」という意味があります。聴いている人があたたかい気持ちになる、そんな音楽を届け続けたい・・・。そんな願いを込めています。

マイトリーFacebook

ーマイトリーとしては、1年半ぶりのアルバムですがどんなきっかけで作り始めたんですか?

今回は※[tree](ギフト)という活動をされている大山もの作り学校のカヨさんが「マイトリーがギフトをフィーチャーしたアルバムを作って欲しい」とポロって言って下さり、「それ!やります」って声をあげたのがきっかけです。

[tree](ギフト)HP 作り手・癒し手・もてなし手によるギフトアイテムを揃え、販売しているサイトです。

ーアルバムを制作するときに考えたことはありますか?

カヨさんやヒウタさんとお話していくなかで、ギフトって言うのは”贈りもの”という意味と”才能”という意味があって、なにかを贈る時に選ぶのも才能だし、受け取る側もギフトを受け取るっていう才能があるっていう話しをしたことと、

「おめでとう」「ありがとう」のギフトだけじゃなくて、日頃なかなか言えない「ごめんね」の気持ちとか、「元気出してね」「大丈夫だよ」っていうギフトもあることで、(曲の)気持ちが伝わりやすくなるって話しをしました。

(今回のアルバムも)明るいおめでたいハッピーな曲もあるし、「ごめんね」のギフトに合うような心情とかも包めるように(みんなの心が誰かの心に届く瞬間を思い描きながら)いろんなタイプの音楽を作りました。

10547575_757602860965176_5346933163045202950_n

ー4枚目のアルバムどうでしたか?

(今までの作品は)ファーストアルバムは本当に初めて作ったアルバムで、右も左も分からない中『エンジニアさんにいろいろとアドバイスをいただきながら』作っていって、

セカンドアルバムは「まず自分たちの出来ることってなんだろう」っていう問いから、ギターと声だけのシンプルな構成にしました。3枚目は新たにアレンジをし直すっていう編曲の偉大さを体感しました。

(今回の)4枚目は、自分たちで全部アレンジしたとまでは言えないけど、他のミュージシャンと話し合いながら、自分たちの意図をしっかりお伝えして作品作りができました。

ー参加された他のアーティストの方について教えてください。

1番最初にやってもらった田島朗子さんって、bankbandのバイオリニストなんです。音の繊細さみたいなものに驚きました。テクニックはもちろん、ものすごく繊細で美しくて、(レコーディング中)感動していました。

長田トシツグさんは毎回お世話になっている方なんですけど、今回はプレイヤーとして参加いただいて、ギター、バンジョー、アコースティックベースをやっていただきました。(マイトリー)2人だけでやるアレンジよりも、かっこよくなったり陽気になったり、ガラッと表情を変えてくれるます。ボーカルが勢いづいたりとか、特にヒウタさんの声がのびのびとなります(笑)(長田さんに)サポートしてもらっている感じです。
赤名卓大さんも、ヒウタさんと長くやってこられた方なんですけど、揺るがないリズム感でサポートしてくださいました。

田村さんは、一緒に暮らしていた友だちで、10年前に音楽療法士として、緩和ケア病棟などで患者さんのかたわらで演奏をされたりしていた方です。この春からピアノを仕事にするということで、参加頂いただきました。

1音目の響きから優しくって、(今回アルバムの)1曲目の「とびらのむこう」も田村さんのピアノの音から始まるんですけど、本当に優しくって、聞いて下さった方からも「すごくピアノの音きれいだね。」って言う風に言っていただく方も多いんです。

今回はインストの曲があって、田村さんのオリジナル曲が入っているんです。初めて田村さんが自分だけで作った曲で、ほんとその時一緒に住んでいた部屋で聞かせてもらって号泣してたんです(笑)

(田村さんは)レコーディング自体も初めてですし、誰かの楽曲の伴奏に添えるっていうのも初めてなんですが、頑張ってくれました。

宮本美香さんは(3thアルバムの)「in the sun」の時からサックスの音色を添えていただいているんですけど、美香さんの生み出す音色が思わず口ずさんじゃうくらいキャッチーなんです。アルバムの中では、主旋律と絡み合っている副旋律や、ソプラノサックスとアルトサックスの音色の違いを、楽しんで頂けたらなぁと思います。ライブではアドリブもスーパーかっこいいので、ライブとCDとの違いも感じてもらえたらなぁって思います。

ジャケットも素敵

13768244_1112914308772295_884908918_n
ージャケットも素敵ですね。

井澤ゆうかさんに描いていただきました。臨床美術士の方で、とても素敵な方です。今回は夜な夜なこのアルバム「gift」の11曲を聞きながら、ひたすら色を重ねて下さったんですけど。なんか、期待以上すぎる!って思っています。

ジャケットと中の歌詞カードと盤面と3種類の原画を描いていただいたのですが、曲名も井澤さんも直筆なんです。(絵のイメージが)光の階段を登るみたいなそういう仕上がりになっているので是非注目してほしいです。この原画も我が家に飾ってあり、毎日眺めてます。

ー今後の目標を教えてください。

基本的には、長期の目標設定っていうのはしなくて、気づいていたら「ぼんやりあの時思っていたことが叶っているな」ってことが多いんです。それで今までは勝手に思い立って、勝手に実践していって出来たっていう感じだったんです。

けど最近は色んな方とつながってプロジェクトとして進行するお仕事も増えてきていて、全体のディレクションを見ながらいく現場もあるので、自分の中と業務的なこととごっちゃにならないように、しっかり整理しながら進んでいかないと行けないなぁって思っています。

そのためか分かりませんが、最近は掃除を良くします(笑い)

あとがき

マイトリーの森田さんはとても素敵な方でした。ゆっくり紡ぐようにお話されている姿から、音楽に真摯に向かっていることが伝わってきました。

4thアルバム「gift」とても良いアルバムに仕上がっています。森田さんの優しい包み込むような声を是非体験してみて下さい。

CDの購入はこちら

CD「gift」販売ページ

「gift」 お取り扱い店はこちら。

【大山ものづくり学校】
鳥取県西伯郡大山町豊房2046−79
金、土、日 10時〜16時

【あわ屋】
鳥取県米子市両三柳2676-1
9時〜6時 定休日なし

【水越屋】
鳥取県鳥取市栄町621
水曜定休 10時〜19時

【日々の糧】
鳥取県米子市明治町197
日曜定休 11時〜15時
17時〜21時

【豆花】
島根県出雲市今市町120−6
日曜定休 11時〜17時
8月27日 19時から3周年記念ライブします♪

【リベレ】
松江市大輪町420-32
13時〜19時 不定休
9月9日に11周年記念ライブします♪

【はこぶね】
島根県松江市玉湯町玉造1241
9時〜19時 定休日なし

【ankuru】
島根県安来市安来駅構内
毎週水曜日 9時〜12時

マイトリー 森田さやか インタビュー 新アルバム「gift」発売
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『マイトリー 森田さやか インタビュー 新アルバム「gift」発売』へのコメント

  1. […] マイトリー 森田さやか インタビュー 新アルバム「gift」発売 […]