LINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

御湯印帳プレゼントします[皆生温泉]限定1200冊の貴重な御湯印帳を鳥取マガジンのフォロワーさんに!

全14旅館の温泉に入ると7,440円もオトク!5000円で14旅館に入浴できる湯めぐりチケット知ってますか?

5000円で皆生の旅館の温泉を14カ所入浴できるお得な湯めぐりチケット「美湯めぐり帳」が「御湯印帳」となってリニューアルされました。

 

「御湯印帳」は皆生温泉内14旅館のお風呂に入浴できるというモノ。

 

なんと!

 

今回この「御湯印帳」を皆生温泉旅館組合様より提供いただきました!

 

ありがとうございます。

 

鳥取マガジンTwitter(@tottorimagazine)のフォロワーさんにプレゼントさせていただきます。応募方法の詳細は下記をご覧ください。

 

7440円もお得!

実は10年も続くこの企画はファンも多いのだそう。今年は御朱印帳のようにスタンプを集められます。

 

各旅館のQRもついており、ガイドブックのような仕上がりです。

 

その入浴の値段は一回いくらかといえば、5000÷14=357円。全14旅館の温泉に入ると12,440円かかるところ、7,440円もオトク!

 

全部制覇したら、旅館なのに銭湯のような、安い価格で入れることになります!

 

期間内に全部の日帰り入浴を制覇目指して今年も湯めぐりしていこうと思います。

 

昨年も皆生温泉をお得に湯めぐりしました。

↓↓その時の様子

[米子市]お得すぎ!皆生温泉の美湯めぐり帳。高級旅館の日帰り温泉を制覇できるか?

御湯印帳はどこで買えるの?

皆生観光センターにて購入できます。住所は鳥取県米子市皆生温泉3丁目1−1。

 

また、今年からオンラインショップでも取り扱っています!(画像をクリック)

きないやオンラインショップ

 

なんと送料無料で送ってくれるそうですよー!

 

1200冊限定。無くなり次第終了です。

 

5000円で14カ所を各一回入浴できます。2冊目はさらにお得な4000円!!

 

発売期間 2020年1月6日~無くなり次第終了です。

鳥取マガジン読者プレゼント!

皆生温泉旅館組合様より、なんと御湯印帳を読者の皆様へプレゼントということで3冊いただきました!

 

□地元なのに、旅館の温泉はあまり行ったことがない。

□いつも決まった旅館の温泉にばかり行っている。

□旅館は日帰り入浴というと敷居が高い気がする。

□皆生温泉は行ったことがある程度。

□温泉が大好きだ。

 

こんな方に、もっと皆生温泉に親しんでいただきたいということで、プレゼントをいただきました。

 

旅館の温泉はやっぱりいいな、と感じると思います。地元なのに行ったことがない旅館もありますよね。

 

ということで、御湯印帳を3名様へプレゼント!

応募方法

↓応募方法はこちら

 

①鳥取マガジンのTwitter(@tottorimagazine)をフォロー。

②御湯印帳プレゼントのTwitterの投稿をリツイート。

 

期間は2月6日12:00まで

 

設定の都合上引用リツイートは選考の対象外です。

 

当選者の方にはTwitterのメッセージを送らせていただきます。

 

当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

 

是非Twitterをフォローして、応募してみてください。

御湯印帳 データ

【販売期間】
2020年1月6日(月)~4月17日(金) ※無くなり次第終了

【ご利用内容】
ご利用期間:2020年1月6日(月)~4月17日(金)《土曜日及び休前日は除く》
ご利用入浴時間:15:30~21:00※最終受付午後8時30分(時間内に入浴を終えて下さい)

タオルは各自ご持参ください。お持ちでない方は、各旅館にて有料で扱っております。
皆生温泉内、14旅館のお風呂にご入浴いただけます。(1旅館1回限り)

【参加旅館】いこい亭菊萬/皆生菊乃家/皆生グランドホテル天水/皆生シーサイドホテル海の四季/皆生つるや/海潮園/華水亭/松涛園/三井別館/東光園/芙蓉別館/ホテルウェルネスほうき路/湯快リゾートかいけ彩朝楽/旅館三井

【販売金額】
5,000円(税込)、限定1200冊

【販売場所】
◆皆生温泉旅館組合(米子市観光センター)
住所:683-0001 鳥取県米子市皆生温泉3-1-1 電話:0859-34-2888

◆オンラインショップ

きないやオンラインショップ(御湯院帳は送料無料!)

 

(上記情報は記事作成時点のものです)

 

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます!

 

つのださちこ

東京の住宅会社やインテリアの会社で勤務した後米子に移り、現在はフリーで、インテリアや整理収納のコンサルタントとして活動中。子育てママとして奮闘中。女性目線、ママ目線での仕事ぶりは多くの方から評価を得る。

ブログ:鳥取・島根 家族の楽しいを引き出すおかたづけ

タイトルとURLをコピーしました